次世代のWi-Fi

次世代のWi-Fi®接続は、世界中の人々が求めるニーズの高まりに応えます。Wi-Fi 対応機器が増え、Wi-Fi 接続への依存度も高まっている中、Wi-Fi は日々の生活になくてはならない存在になっています。過去20年間、Wi-Fi業界は範囲が限定された免許不要帯域を使用しながら、テクノロジーの進歩を背景に世代が改まるごとにより質の高いユーザー エクスペリエンスを提供しています。

Wi-Fiでは、現在の利用環境および将来の利用に対するユーザーの期待に応えることを目的に、世代を改めるごとに高密度環境における容量とスループットの向上、ネットワーク範囲の拡張、省エネ化を進めています。

手頃なコストで優れたパフォーマンス、免許不要帯域の効率的な活用、確固としたセキュリティ、使いやすさ、自己展開性、長期的な互換性といったWi-Fiの長所は、現在および将来のWi-Fiテクノロジーの両方を通じて、次世代ユースケース(活用例)の実現基盤となります。Wi-Fiが脈々と受け継いでいる優れた特性の詳細、また次世代コネクティビティで果たす重要な役割について、詳細はこちらをご覧ください

Wi-Fi Alliance®は、次世代のさまざまな接続シナリオをサポートする数々の認定プログラムを策定しています。これには高帯域幅/低レイテンシが求められる環境やネットワーク インテリジェンスを通じたパフォーマンスの向上、また長距離と電力効率が鍵となるモノのインターネット(IoT)などが含まれています。Wi-Fi Allianceは次世代の主要な接続環境をサポートするための準備を整え、下記の重要なプログラムを提供します。

Wi-Fi 6: IEEE 802.11axをベースにするWi-Fi 接続の最新世代で、2.4 GHzおよび5 GHz帯域でこれまでの世代を上回るスピードを実現します。他にも、カバレッジの拡張、数多くのデバイスが輻輳する環境での優れたパフォーマンス、デバイスの電力効率の向上といった特性を提供します。

Wi-Fi CERTIFIED WiGig™: 60 GHz 帯のLOS(line-of-sight)でマルチギガビットのスピードを実現するWiGig®は、帯域幅の効率的な活用を実現します。現在AR(拡張現実)およびVR(仮想現実)などのアプリケーション、またHDストリーミングなどのサービスへの適用が現実化されています。

Wi-Fi CERTIFIED Vantage™: 交通機関、スタジアム、ショッピング モールなどのマネージド ネットワークでWi-Fi接続を合理化し、ユーザーはモバイル環境で一貫した接続を確保しながら生産性を維持できます。Wi-Fi Vantage™ネットワークは、ハイパフォーマンスな接続性、ネットワーク インテリジェンス、また幅広いネットワーク環境でユーザーが移動した際のスムーズな遷移などの特性を提供します。

Wi-Fi CERTIFIED WPA3™: 次世代Wi-FiセキュリティであるWPA3™は、最先端のセキュリティ プロトコルを提供します。WPA3によってセキュリティが簡素化されることで、より堅牢な認証と暗号強度を実現できるとともに、ミッション クリティカルなネットワークの回復性を確保できます。

Wi-Fi HaLow™: Wi-Fi HaLowは、住宅内の様子を監視、保護、コントロールするスマートホーム システムや、健康維持をサポートするウェアラブル デバイスなど、IoTアプリケーションに不可欠な長距離カバレッジと低消費電力を実現します。

Wi-Fi Alliance News See All
Media Coverage See All
From Wi-Fi to Bluetooth to 5G, All Your Wireless Is About to Change
5G vs. Wi-Fi: How they’re different, and why you’ll need both
Wi-Fi to Retain Connectivity Crown in 5G Era as Wi-Fi 6 Chipset Shipments Break 1 Billion Unit Barrier by 2022
Download Additional Resources