Wi-Fi Agile Multiband

Wi-Fi®ネットワークの資源を有効管理

Wi-Fiネットワーク環境を効率的に管理するWi-Fi CERTIFIED Agile Multiband™によって、Wi-FiデバイスはWi-Fiネットワークの変化する状況に応じて最適な環境を選択することが可能になります。また、Wi-Fi CERTIFIED Agile Multibandは資源を効率的に活用することで、Wi-Fiネットワークの負荷のバランスを調整し、容量を高め、状況に応じた最高のWi-Fiエクスペリエンスをエンドユーザーに提供します。Wi-Fi CERTIFIED Agile Multibandでは、携帯電話やスマート テレビ、タブレットをはじめとするクライアント デバイスがインフラストラクチャ デバイスと情報を交換できるようになり、次のことが可能になります。

  • 最適なアクセス ポイント(AP)、帯域、チャネルをインテリジェントに判断して選択
  • 混雑している帯域やAPなどの資源の競争を回避
  • 高い要件が求められる音声/動画アプリケーションなど、サービスの中断を最小限に抑える
  • Wi-Fi環境の変化に影響されることなく高品質なサービスを提供

Wi-Fi Agile Multibandは、複数のメカニズムによってスペクトルおよびネットワーク資源の最適な管理、ネットワーク負荷のバランス、移動性(モビリティ)の向上を実現し、最高のユーザー エクスペリエンスを提供します。

動的なネットワーク モニタリング APとクライアント デバイスは、現行のWi-Fiネットワーク環境に関する情報を継続的にやり取りします。

インテリジェントなガイド機能 接続しているWi-Fi環境が混雑すると、APは他のAPや周波数帯、チャネルをクライアント デバイスに提案します。

スピーディなネットワーク移行 クライアント デバイスが次のAPや帯域、チャネルを選択すると、アソシエーションと接続が迅速かつシームレスに実行されます。

標準ベースのテクノロジーがインテリジェントなアプローチと相互接続性を実現

Wi-Fi Agile Multibandは標準ベースのテクノロジーを基盤にしているので、メーカーが異なる様々なデバイスを通じて、卓越したネットワーク管理を実現します。

  • IEEE 802.11k: APとクライアント間におけるWi-Fi環境に関する情報交換をサポート
  • IEEE 802.11v: クライアントのローミングの判断を支援するネットワーク情報を提供すると共に、ネットワーク全体の品質向上をサポート
  • IEEE 802.11u: 他のネットワークへ接続する前のクライアント デバイスによる情報収集をサポート
  • IEEE 802.11r: Wi-Fiネットワーク内のAP間におけるシームレスな移行(オプション)
  • Wi-Fi Alliance策定テクノロジー: 交換した情報を補足し、優先すべきチャネルや帯域、APを識別することにより、Wi-Fi ネットワークのインテリジェントな管理性を強化
Wi-Fi Alliance News
Product Finder
Wi-Fi Agile Multiband-certified products
Download Additional Resources
Frequently Asked Questions
  • How does a Wi-Fi Agile Multiband device help the user experience?

    Wi-Fi Agile Multiband devices enable the exchange of information. This exchange enables access points (APs) to guide client devices toward the best Wi-Fi environment for that device. In addition to steering client devices to another AP that is underutilized, APs can steer clients to other, less congested frequency bands or channels. The result is a more balanced network which in turn improves performance and user experience.

  • Don’t devices already do this?

    Many device makers and operating systems vendors do employ some of these capabilities. However, Wi-Fi Agile Multiband is standards-based, ensuring interoperability across vendors.

  • How do 802.11k and 802.11r contribute to reduced latency in Wi-Fi Agile Multiband enabled networks?

    Both technologies reduce the time it takes a client to roam between APs in the same network.

    • 802.11k reduces roaming time by allowing the client to rapidly determine which AP it should roam to next so when the client is ready to roam, it has a better idea of where to roam.
    • 802.11r also enables faster roaming by allowing encryption keys to be stored on network APs so the client does not need to perform the complete authentication process every time it roams to a new AP within the network.
  • What is the difference between fast transitioning offered by Wi-Fi Optimized Connectivity and that offered by Wi-Fi Agile Multiband?

    Both enable faster roaming. Wi-Fi Agile Multiband uses Fast Basic Service Set (BSS) Transition Management (also known as FT). FT functions within the same Wi-Fi network (Extended Service Set, ESS), while Wi-Fi Optimized Connectivity utilizes Fast Initial Link Setup (FILS) Authentication to enable fast authentication within the same network, or two different networks.

  • What are some consumer applications for Wi-Fi Agile Multiband?

    Wi-Fi Agile Multiband is for any Wi-Fi device because it enables more intelligent use of Wi-Fi network resources to help the device maintain the best connection – whether the device is moving throughout a Wi-Fi network or resides in a specific location. Tablet users walking through an office environment or home with multiple access points (APs) will connect to the APs that provide the best connection. Smart TVs can ensure that HD video streaming works seamlessly by moving to 5 GHz if the 2.4 GHz band becomes congested. Smart appliances, gaming systems, and more can benefit from the ability to monitor the Wi-Fi environment and move to new APs or frequencies when interference or congestion occurs.