Wi-Fi HaLow

低消費電力、長距離カバレッジを実現するWi-Fiテクノロジー

低消費電力Wi-Fi®ソリューションへの業界ニーズの高まりを背景に、Wi-Fi Alliance® はIEEE 802.11ah テクノロジーを実装した製品を対象にする新しいプログラム、Wi-Fi HaLow™を発表しました。1GHz未満の周波数帯で動作するWi-Fi HaLowは、長距離カバレッジをサポートし、Wi-Fi CERTIFIED™製品への低消費電力の接続を実現します。これによって、スマートホームやコネクテッド カー、デジタル ヘルスケアの分野だけでなく、工業や小売、農業、スマートシティなど、多様で新しい省電力環境でWi-Fiを活用することが可能になります。

Wi-Fi HaLowはWi-Fiを900 MHz帯域にまで拡張し、センサーやウェアラブル デバイスなど低消費電力が必須のアプリケーションをサポートします。またカバレッジが現在の2倍近くまで広がるので、より遠くまで信号を伝送できるだけでなく、壁などの障害物が存在し高い透過性が求められる難しい環境でも堅牢な接続を実現します。さらに、幅広いWi-Fiプロトコルをサポートするとともに、複数ベンダー間の相互接続性や官公庁レベルのセキュリティ、簡単なセットアップなど、今日のWi-Fiで消費者が活用している多くのメリットも引き続き提供します。

Wi-Fi Alliance News
Media Coverage
Why You'll Still Need Wifi When 5G Is Everywhere, According to the Wi-Fi Alliance
Download Additional Resources